2011年09月08日

佐藤俊介×石崎誠和

fujiyatenji3.jpg

こちらはDMにもなっているダブルス作品が展示してある入口です。こちらは共作です。共作といっても一緒に筆を入れているわけではありません。ともに取材旅行をして、データ上で下図のやり取りをしながら制作し、特殊なプリントをしてから制作しました。
最終的には僕が制作した下図を俊介さんが描き、俊介さんが制作した作品を僕が描いたものです。個としての制作というよりは、混交した新たな人格が描いたような作品となりました。不思議な体験でした。このダブルス作品が1階の展示スペースに4点あります。

今日はフリーのライターの金田一さんが取材に来てくれます。小さい記事になるとおっしゃっていたようですが、今回の展覧会に興味を持ってくれて、取材のためにもう一度来てくれるということでとてもうれしいです。


posted by せいわ at 08:35| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。